長時間座る事と健康

健康に良い椅子の座り方

トップ / 健康に良い椅子の座り方

自分でできる椅子による健康法

毎日を元気に過ごしたいと思う方は多いと思います。サプリメントやジム通い、ダイエットなど、人によって方法は様々です。そんな日常の中で、ご自身の健康を維持する手助けとして椅子による方法があります。ポイントは二つです。一つ目は、椅子に座る際に背筋を伸ばすこと。意識して行うと自然と体全体に力が加わり、筋トレにもなります。また、背筋を伸ばすことで、血の巡りが正しく行われるため、血行促進にもつながります。二つ目は、座る際に「丹田」に力を入れること。丹田とは、おへその下部分のことです。体の軸ともなる部分ですので、ここに力を入れると自然と正しい姿勢になり、座る時以外でも綺麗な姿勢になります。健康は一日でできるものではありませんが、毎日行うことが大切です。少しずつでも良いので、試してみてください。

睡眠は重要

長時間椅子に座る事について

デスクワーク等で1日中椅子に座っているという人も多いと思いますが、長時間椅子に座るという事が健康に良くないと分かってきています。それは運動不足と同じで、肥満や糖尿病のリスクが高くなることや、血圧等の数値が高くなるということが明らかになっています。しかし、1日中座らずに仕事が出来るという人も少ないでしょう。よって推奨されるのは、なるべく立つ習慣を増やすということです。気分転換も兼ねて、トイレへ行く際は他の階を使用してみたり、エレベーターを利用する回数を減らす。プリンターまで歩くなど出来る事は沢山あります。長時間座り続ける事を避け、少し歩くことに気を遣うことで健康に近づく事ができるのです。

ダイエットの情報