肝機能障害と生活習慣

生活習慣で改善肝機能障害

トップ / 生活習慣で改善肝機能障害

肝機能障害を生活習慣で改善

肝機能障害は日々の生活習慣の中で、静かに症状が進行することになります。肝臓は「沈黙の臓器」といわれているように痛みなどの自覚症状が現れない臓器になります。健康診断を定期的に受けることも大切ですが、一番肝心なのは普段の生活習慣の改善にあります。肝機能障害の原因といわれているものの代表は、過度のアルコール摂取といわれています。また贅沢病といわれる脂肪肝など普段の食生活で高脂肪高タンパクの食事を控えるよう意識をしましょう。

痛風と関係があるプリン体とは

プリン体は、摂取しすぎると痛風の原因になるともいわれていますが、本当のところはどうなのでしょうか。プリン体は細胞の中の核酸などに含まれる成分で、新陳代謝のときに使われる必要なものです。無条件に身体に悪い物質と考えてはいけません。もともと体内に存在するものでもあります。そしてこれが最終的に尿酸にかわります。尿酸は腎臓で濾過されますが、ほとんどが尿細管で再吸収されてしまいます。実際に尿として排出されるのは全体の10%程度です。そして尿酸の量が増えると痛風発作がおきやすくなります。

ダイエットの情報